夏にとるべき野菜

日本には四季があります。四季によって気温や紫外線の強さ、気候、湿度などが大きく異なりますので、その季節にあった野菜料理を食べていく必要があります。今年のように猛暑が続いた夏には、夏野菜を食べるのがおすすめです。夏野菜が共通して持っている効果が体を冷ましてくれる効果です。夏は体内に熱がこもりやすくなっております。甘く見ていると、今年のように熱中症で命を落としてしまうかもしれません。

また、疲れがたまりやすい夏にぴったりの効果として、夏野菜には高い疲労回復効果があります。疲れやすいと思ったら、夏野菜を食べれば疲れにくい身体になることができます。もちろん夏バテを防ぐ効果も期待できますので、疲れやすいと思ったら、意識して夏野菜を食べるようにしましょう。

夏におすすめの食べ物は、やはり夏野菜の王様でもあるトマトです。トマトには、沢山の水分と合わせて、キュウリと同様に多くのカリウムが含まれております。その為、利尿効果がありますので、夏の強い日差しで丸々と大きくなったトマトを食べることによって、足のむくみなどを無くすことができます。また、トマトには、多くのリコピンが含まれておりますので、抗酸化作用があります。夏の強い紫外線の悪影響を半減することができるのです。

Copyright ©旬の野菜を積極的に食べよう, All rights reserved.