秋にとるべき野菜

秋は夏の暑さに弱っている時期です。その為、体調を優しく元気にしてくれるような栄養成分が豊富に含まれている秋野菜は、積極的に摂取していく必要があります。また、インフルエンザや風邪などが流行しやすい冬に備えて免疫力を高めるような効果が期待できる野菜も多くなっております。

例えば、秋の味覚の代表ともいわれているマツタケやしいたけなどのキノコ類がその最たる例です。特にまいたけは、免疫力を高めるβ-グルカンや便秘の解消に効果的な食物繊維がふんだんに含まれている他、カリウムや亜鉛、ビタミンB2、ビタミンDなどが豊富に含まれております。 他にもかぼちゃは、冬至にかぼちゃを食べるとその冬は風邪をひかないなどと昔から言われているスーパーフードです。かぼちゃには、ビタミンCをはじめβ-カロテン、カリウムなどが豊富にふくまれております。特にβ-カロテンは皮の部分に多く含まれておりますので、皮まで一緒につかった調理方法を選ぶことがポイントになります。

秋野菜は、旬の魚などとも相性がバッチリです。特にリーズナブルながらしっかりと脂ののっている秋鮭との相性はよく、色々な調理方法で秋鮭と秋野菜のコラボレーションを楽しむことができます。他にもサンマやカツオ、アジ、マグロなどとも相性がよいのでおすすめです。

Copyright ©旬の野菜を積極的に食べよう, All rights reserved.