冬にとるべき野菜

冬に野菜を食べるメリットは、風邪やインフルエンザの予防ができたり、肌荒れの予防などがあります。今年などは新型コロナウイルスの感染リスクを減らしてくれるといったメリットもありますので、寒く乾燥している冬だからこそ、積極的に野菜をとるようにしましょう。

冬に食べて欲しい野菜のひとつがブロッコリーです。ブロッコリーは、肌の炎症を抑えてくれるビオチンが豊富に含まれております。また、お肌のハリを保つ効果やシミやソバカスができるのを防いでくれるビタミンCなども豊富に含まれております。しかも、夏のブロッコリーと比べて冬のブロッコリーは栄養成分が豊富に含まれます。特に鉄分やカルシウムの含有量は二倍から四倍にまで跳ね上がりますので、冬にこそ摂取するようにしましょう。

また、ごぼうなどの冬に食べるべき野菜になります。ごぼうは、その豊富な食物繊維によって便秘の予防や解消効果が期待できますし、余分な脂肪を吸収させずに外に出してくれる効果が期待できます。つまり忘年会や新年会、クリスマス、お正月など、何かと太りやすいシーズンに体重の増加を抑えてくれる効果があるのです。他にも、ほうれん草や芽キャベツ、舞茸、大根、山芋などは、冬だからこそ食べて欲しい栄養素が沢山含まれておりますのでおすすめです。

Copyright ©旬の野菜を積極的に食べよう, All rights reserved.